効果の出るランディングページ(LP)の作り方!7ステップのコツを徹底解説!

ランディングページ(LP)はユーザーが最初に着地するページです。そのため、ユーザーが自分ごととして共感し、興味を持って読み進めてもらえる内容であることが重要です。ここでは、ランディングページの作り方を7ステップに分け、それぞれのコツを詳しく解説していきます。

インタラクティブ動画資料

ランディングページとは?

ランディングページ(Landing Page)を直訳すると「(ユーザーが)最初に着地するページ」となり、略してLP(エルピー)とも呼ばれます。

広い定義では、ユーザーが、最初に閲覧したWebページ全般のことを指します。一方、狭い定義では、「広告のリンク先ページ」を示し、広告を見たユーザーが購入やサービスの申込み、問い合わせや資料請求など行動できるよう、商品・サービスの紹介を1ページにまとめたものを指します。

この記事では、狭義の意味でのLP(広告のリンク先ページ)の作り方を解説していきます。

関連記事:ランディングページ(LP)とは?メリット、目的、作り方など基本をわかりやすく解説!

ランディングページ(LP)の作り方 7ステップ

以下では、LPの作り方を7ステップに分け、それぞれのコツを解説していきます。ステップごとに、社内のリソース(予算、人員)を確認しながら、自社で作るのか部分的に外注するのか、事前に検討しておくことをおすすめします。

STEP1:目的を決める

LPの主な目的は、購入、申し込み、問い合わせ、資料請求などのアクションを促し、コンバージョン(CV)数やコンバージョン率(CVR)を上げて、売上に貢献することです。そのため、LPには、特定の段階の、特定のターゲットに向けて、必要な情報だけを集約して掲載します。

あなたの商品・サービスがある程度知られていて、購入・申し込みの段階にあれば、直接販売をするLPを作ることが有効です。しかし、認知の段階や、興味・関心を持っていただくためにある程度の時間を必要とするという状況であれば、まずは資料請求やセミナー、メールマガジン等へのお申し込みをするLPを検討し、徐々に購入へとつなげていきましょう。
funnel
また、数値的な目標(KPI)も設定しておきます。LPの目的を果たすには単に制作するだけでなく、広告費を投下した集客も重要なポイントです。広告費と効果のバランスを見つつ、KPIを設定する必要があります。

<KPI設定のコツ>
既存の商品やサービスのLP:LPからどの程度の売上UPが見込めるのかを費用対効果で算出しましょう。
新規の商品・サービスのLP:LPにかけられる予算を確認した上で、目標数値を設定しましょう。

STEP2:ターゲット&訴求ポイントを決める

特定のターゲットに向けて必要な情報を発信し、アクションへとつなげるためには、誰(ターゲット)に、どんな訴求ポイント(内容)でアプローチするか、がとても重要です。既存顧客を分析するなどして、ターゲット像をできるだけ細かく設定していきます。

過去に制作したLPがある場合には、大きく変えるのか否かを検討し、全くの新規であれば、ターゲットを1つに絞るのか?それとも複数ターゲットを設定するのか?といった議論もあるでしょう。

LPのターゲットを複数設定して、LPも複数制作する場合には、ファーストビューの訴求はターゲット毎に考えます。

例えば、保険商品の場合、経営者、働き盛りの会社員、女性などお客様の属性によって前提の知識もニーズも違います。経営者向けには、経営のリスクを抑えるタイプや社員を守るための保険、会社員向けには医療保障がついた万一に備えるタイプの保険、女性には女性特有の病気に補償が手厚い保険というように、訴求する商品そのものを変えることもあるのです。

<ターゲット&訴求ポイント検討のコツ>
ここで決めたことが、LPに集客するための広告や自社リストのセグメントにも繋がります。
LP制作担当者だけで考えず、セールス担当者など普段顧客と接している現場の意見も聞くのも効果的です。

STEP3:構成・ワイヤーフレーム作成

次に、ターゲットに伝える情報の内容と伝える順番を決めます。最も伝えたいことは、ファーストビューのキャッチコピーや画像に集約し、それを裏付ける内容をボディに配置していきます。クロージングには特典などを入れ、今すぐ申し込むべき理由でターゲットの背中を押します。

具体的な構成のポイントについて詳しくは「コンバージョンを高めるランディングページ(LP)の構成とは?3つのブロック&9つの要素を解説!」の記事もご覧ください。

STEP4:コンテンツ作成

構成が決まったら、ファーストビュー、ボディ、クロージングの中身をひとつひとつ文章や画像にしていきます。冒頭でもお伝えしたように、ユーザーがファーストビューに共感し、興味を持って読み進めてもらえる内容であることが重要です。

最初に、ファーストビューのキャッチコピーを決めましょう。ターゲットと訴求ポイントを意識して、商品・サービスの魅力を最大限に伝えるコピーを考えます。そうすることで、その先のボディ、クロージングがグッと書きやすくなるのです。

社内でライティングができないときには、セールスライティングのできるセールスコピーライターに外注するのがおすすめ。Webライターと比べると費用は高くなりますが、売るためのノウハウを持っているからです。

<コピーライティングのコツ>
・ターゲットの頭の中の期待や不安に寄り添う
・専門用語はできるだけ使わずにターゲットの使う言葉で表現する
・書いたものは、ターゲットに近い人に読んでもらい、顧客視点で推敲を重ねる

STEP5:デザイン

自社サービス・商品のイメージと、ターゲットのイメージに合うデザインに仕上げます。例えば、保険や銀行といった信頼を重んじる業界の場合には、誠実さの伝わるブルー系や安心・調和を表すグリーン系などが好まれる傾向にあります。またコーポレートカラーやブランドカラーなどを使えば「あ、あの企業のサービスか」とブランドへの親近感も増します。

全体のデザインは、LPのテンプレートを活用するのもおすすめです。htmlタイプのものを使うのか、WordPress(ワードプレス)用のものを使うのかなど、自社の環境に合わせて選定しましょう。テンプレートについて詳しくは「今スグ使える!ランディングページ(LP)の厳選テンプレート8種&自社に合った選び方」の記事にてご紹介しています。

STEP6:開発・コーディング

コーディングとは、デザインしたものを実際のWeb上で見られるようにする作業のことです。最近は「モバイルファースト」と言って、パソコンよりもスマホで見るユーザーが多いため、スマホ上でも快適に閲覧できるようにします。

ここで大切なのは、LP公開後に分析・改善できるようにしておくことです。LPは公開して終わりではなく、ユーザーの動きを細かく分析して改善を続けることが重要です。そのためには、LPに計測用のタグを埋め込んだり、LPへの導線~LP上でアクションを起こしていただいた顧客への挙動を決めたりしなければなりません。

<検討すべきこと>
・LPをどのサーバーに置くか?
・LPのURL、LPからのお申し込みはどこにどう通知されるようにするか?
・お申し込みのあったユーザーにどんなメッセージを届けるのか?

専門知識が必要になるので、社内でリソースが取れない場合は、外注を検討しましょう。

STEP7:公開・運用・効果測定

LPのコーディングが終わり、挙動をテストしたら、いよいよ公開です。まずは公開したLPに、Web広告やメルマガ経由でユーザーに訪問してもらいます。そして、ターゲットが意図通りに動いてくれたのか、定期的に効果測定を行います。

運用をする上で特に大事な数値は、LPへの誘導率と、CV率の2つです。

この2つの数値を中心に、目標から乖離する原因を探し、微修正を加えながらLPのコンバージョン率を高めていくことをLPO(Landing Page Optimization=ランディングページ最適化)といい、LP運用にあたっての前提となっています。

実際にLPを作るときの注意点

LPの制作が初めての場合には、「LPのターゲットや内容をどうしよう?」などと目先の公開のことで頭がいっぱいになりがちです。しかし効果を上げるLPをつくるには「7つのステップ全てが不可欠」です。LPは公開してから初めて運用が始まり、効果測定をして改善をしながら育てていくものだからです。

  • ・LPは作って公開して終わりではない
  • ・LP公開後は、LPへ集客する導線が大事
  • ・数値を見ながらLPOで改善を続ける(改善できる状態にしておく必要がある)
  • この3点を忘れないようにしましょう。

    まとめ

    自社のLP制作において必要となる、7つのステップをイメージできましたでしょうか?
    ぜひ以下の記事も参考にしていただき、LP制作の準備を進めてみてください。

    関連記事:売れるLP(ランディングページ)の作り方!CVを獲得する7つのテクニックをまとめて解説!
    関連記事:動画付きランディングページ(LP)の効果を高める5つのポイント!CV120%上昇事例もご紹介
    インタラクティブ動画資料

    執筆者
    桑田 将臣

    MIL株式会社 セールスグループ マネージャー

    WEB系ベンチャー企業にて新規事業の立ち上げ・セールスなどを経験後、PR会社にてデジタルプロモーションの企画提案を担当。2019年3月よりMIL株式会社に入社し、現在はセールスグループの各部門を統括している。

    インタラクティブ動画ならMIL

    インタラクティブ動画ならMIL

    MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。