YouTube台本の作り方と構成のコツを「テンプレート付」でわかりやすく解説!

youtube台本

商品やサービスのPRや認知向上の手段として、企業におけるYouTubeの活用が進む中、動画を内製する機会も増えているかと思います。社員が出演者として登場したり、自社メンバーで動画を撮影・編集したりするときに、不可欠なアイテムが「台本」です。

当記事では、YouTube台本を作るメリットや作り方のステップ、構成のコツをご紹介します。すぐに使える台本のテンプレートもご紹介していますので、ぜひご活用ください。

youtubeアナリティクス活用基本ガイドバナー

YouTubeの台本を作るメリット

YouTubeの台本を作るメリットは、おもに以下の3点です。

  • 視聴者に向けて、わかりやすく話せる
  • 編集作業がスムーズになる
  • 事前に内容を確認し、正確な情報を発信できる

それぞれについて、解説していきます。

メリット1:視聴者に向けて、わかりやすく話せる

台本を作ると、視聴者に分かりやすく伝えることが容易になります。台本があれば事前に話す内容が整理されているため、カメラや人前で話すのに慣れていない人でも、落ち着いて撮影できることでしょう。最初は棒読みになってもかまいません。場数を踏んで練習を重ねれば、徐々に慣れていきます。

メリット2:編集作業がスムーズになる

台本通りに動画を撮影すると、編集作業がスムーズになります。台本から言葉をコピーしてテロップを入れるなど、工数削減にも役立つのがメリットです。また言葉に詰まることが少ないため、カット作業も楽になります。複数人で動画作成をする場合は「必須」ともいえるでしょう。

メリット3:事前に内容を確認し、正確な情報を発信できる

企業のYouTube運営で最も大切なのが、情報の正確性です。間違った情報を発信してしまうと、視聴者だけでなく、取引先からの信頼も失ってしまいます。

また企業がYouTubeで情報発信をする場合、関連部署への確認作業も必要です。撮影に立ち会わない人にも台本を共有して事前に確認し、気になる点があればフィードバックをもらって、修正しておくと良いでしょう。

YouTube台本の作り方 5ステップ

YouTube台本をどのような手順で作成したら良いか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで、YouTube台本の作り方のステップをご紹介します。

  • 動画の目的・対象者を決める
  • 構成を考える
  • 構成に沿って、台詞と編集指示など詳細を書いた「台本」を作る
  • 出演者は台本を元に練習する
  • 撮影本番は、以下のような方法で台本を活用する

ステップごとにポイントを解説していきます。

1:動画の目的・対象者を決める

まずは企画の目的やターゲット、ニーズを言語化して設定します。ここがブレると、視聴者に刺さる動画コンテンツが生まれないだけでなく、クリック率や視聴維持率の低下にもつながります。

特に「ターゲット設定」は重要です。なぜなら、属性の異なるユーザーが入ってくると、チャンネルのバランスが崩れてしまうからです。

例えば、初心者向けのビジネスYouTubeチャンネルを開設したとします。しかし、このチャンネルで上級者向けの動画コンテンツを配信してしまうと、初心者と上級者の登録者が混在してしまいます。その上で初心者向けの動画を出すと、クリック率や視聴維持率は下がり、チャンネル全体の評価は落ちていくことでしょう。

そのため、動画の目的やターゲットは細かく設定することが大切です。「企業のYouTubeマーケティング手法や他社のチャンネル成功事例」を参考にしながら、自社の活用目的やターゲットを考えてみてください。

2:構成を考える

次に、動画の大まかな流れ(構成)を考えます。台本における構成とは「骨組み」のようなものです。構成がないと、話が行ったり来たりして、何を話しているのか分からなくなります。逆に構成を考えておけば、全体の流れを理解しながら、撮影当日もスムーズに話すことができるでしょう。構成のロジックや詳細については、次の章でご紹介します。

3:構成に沿って、台詞と編集指示など詳細を書いた「台本」を作る

構成に沿って、出演者の台詞や編集指示を書いていきます。台本は完璧に書くのではなく、自由度を高めるために「余白の部分」を持たせることも大切です。

台本を記事のように「です・ます調で書く」「接続詞は減らす」という人もいますが、YouTube撮影においては、あまり意味がありません。出演者が自然に話せるように、完成した原稿を音読して、ブラッシュアップしていくことが大切です。音読をしながら、あえて接続詞を増やしたり、話し言葉に直したりと、通常の記事作成とは異なる視点で改善を加えていきます。また台本が完成したら、音読をしながら時間を計ると、動画の時間の目安にもなるのでオススメです。

当記事の最後に「台本テンプレート例」をご紹介していますので、ぜひご活用ください。

4:出演者は台本を元に練習する

出演者は台本を元に練習します。練習のポイントは以下の2つです。

  • 繰り返し音読する
  • 話し言葉に落とし込んでいく

繰り返し音読することで、台本の内容を頭の中に落とし込めます。内容を理解せずに台本を読むと、伝えたい箇所に力が入らず、視聴者へ熱意が伝わりません。音読を続ければ、「ここで力強く話そう」「ここは単調に説明した方が良い」と分かってきます。

そして音読を繰り返し、台本を話し言葉に落とし込んでいきます。台本が完成した段階では、文章は話し言葉になっていません。そのまま読むとぶっきらぼうなイメージになってしまうため、読み進めながら「話し言葉」に書き換えましょう。もちろんアドリブで、撮影時に話し言葉に変換できる人は、そのままでも問題ありません。

5:撮影本番は、以下のような方法で台本を活用する

撮影本番も、台本を目に見える位置に置いておきたいと感じる人もいるでしょう。そんな方におすすめの方法をいくつか紹介します。

  • パソコンに映す
  • 台本を動画上に映す
  • テレプロンプターを使う

一般的なのは、パソコンに映した台本を読む方法、もしくは、台本を動画上に映す方法です。後者はスライドを共有しながら説明できるため、視聴者と一体感をもつことができます。

テレプロンプターとは、カメラの三脚に取り付ける撮影用機器です。下に置いた原稿をミラーに反射させ、カメラ目線を維持しながら読み続けられます。台本を何度も確認する必要がないため、カット編集が多い場合に有効です。

YouTube台本の構成のコツ

YouTube台本の構成にはコツがあります。

  • 「オープニング」は短く端的に!
  • 文章の「型」を使う!
  • 「エンディング」で次のアクションへつなげる!

3点について、それぞれ解説していきます。

「オープニング」は短く端的に!

オープニングは、短く端的に伝えることが大切です。オープニングが長く、視聴者に関心の薄い内容が続くと、本編に入る前に離脱されてしまいます。また視聴者は最初の15秒で「自分にとって観るべき動画か」を判断します。

そのため、オープニングでコンセプトや伝えたい内容を、短い言葉でまとめる力が必要です。目安としては「1分以内のオープニング」を目指しましょう。

文章の「型」を使う!

文章の「型」を使うと、骨組みのしっかりした台本を作成できます。こちらでは、おすすめの型をいくつか紹介します。

SDS法

SDS法に当てはめると、シンプルで流れのよい台本が出来上がります。以下の流れで文章の構成を組み立てます。

要点(Summary)
詳細(Details)
要点(Summary)

以下ではSDS法を用いた文章例をご紹介します。

要点(Summary)
:今回は「パーソナライズドマーケティング」について解説をします。

詳細(Details)
:「パーソナライズドマーケティング」とは、個人の属性や行動履歴・興味関心に基づいて、最適なコンテンツやサービスを提供する仕組みのことです。結果として売上や顧客体験の向上につながることから、広告・、Webサイト、DMなど、さまざまなシーンで活用されており・・・・、

要点(Summary)
:今回は、顧客にあわせた情報提供や効率的なマーケティングが実現できる「パーソナライズドマーケティング」をご紹介しました。ぜひ活用してみてください。

SDS法は要点を端的に伝えられるのがメリットで、時間のないビジネスマンに向けた動画に向いています。
短時間で視聴者を惹きつけるコンテンツにもおすすめです。

PREP法

PREP法に当てはめると、説得力のある台本ができあがります。以下の流れで文章の構成を組み立てます。

要点(Point)
理由(Reason)
具体例(Example)
要点(Point)

以下ではPREP法を用いた文章例をご紹介します。

要点(Point)
:子どもの教育で大切なのは、短所を直すことではなく、長所を伸ばすことです。

理由(Reason)
:なぜなら、子どもの成長において自己肯定感は欠かせない要素だからです。

具体例(Example)
:例えば、短所ばかり注意していると、子どもは「自分は価値がない存在だ」と思い始めます。逆に長所を褒めて伸ばしてあげると、自己肯定感が上がり、どんなことにも挑戦できる人間に育っていくでしょう。

要点(Point)
:だからこそ、子どもの短所を直すのではなく、長所を伸ばすことに着目してみてください。

最初に要点や結論を持ってくるため、関心の高い状態を維持できるのがメリットです。
また具体例を盛り込んで話すので、視聴者の信頼を獲得したい場面にもおすすめ。
どんな動画にも使える万能な手法といえるでしょう。

「エンディング」で次のアクションへつなげる!

動画の内容をまとめて締めくくった後、5〜20秒ほど流れる定型パターン「エンディング」を設定しましょう。エンディングは、動画を最後まで観てくれた視聴者に対して、アプローチする大事な場面です。
youtubeエンディング
エンディングには「チャンネル登録」「おすすめ動画」などのリンクを設置できます。チャンネル登録やおすすめ動画に誘導すれば、チャンネルの成長につながるでしょう。

効果的なエンディングの作り方について詳しくは「YouTubeのチャンネル登録数を増やす!効果的なエンディング(終了画面)の作り方」でご紹介しています。ぜひご一読ください。

YouTube台本のテンプレート例

YouTube動画のスタイルが決まってきたら、テンプレート化して台本作りを効率化しましょう。
この章では、今すぐ使える台本のテンプレート例をご用意しました。

オープニング オープニング動画を挿入
挨拶 こんにちは!〇〇です!
導入(1分以内) この動画では〇〇について解説します。

・〇〇
・〇〇
・〇〇

こんなお悩みはありませんか?

そこで今回は、〇〇の専門家である〇〇が、〇〇について徹底解説します。

〈編集〉箇条書きのテロップ挿入

本題(10分程度で解説) 要点
〇〇
詳細
〇〇
要点
〇〇

〈編集〉1テーマあたり2分程度にカット

まとめ いかがでしたか?
最後に、今回の動画のポイントをおさらいします。





以上の点を押さえて、〇〇してみてくださいね。

それでは最後まで動画をご視聴いただきありがとうございました!
この動画が役に立ったと思ったら、チャンネル登録と高評価をよろしくお願いいたします。
それでは、次の動画でお待ちしていますね。

エンディング エンディング動画を挿入

テンプレートを参考にしながら、各社オリジナルの台本へとアレンジいただければ幸いです。

まとめ

YouTube台本を作成すれば、動画撮影だけでなく編集作業もスムーズになり、企業のYouTubeチャンネル運営を効率化することができます。また企業チャンネルとして重要な「正確な情報伝達」にも役立ちます。ぜひ本記事を参考に、YouTube台本の制作に取り掛かってみてください。

youtubeアナリティクス活用基本ガイドバナー

執筆者
黒谷 純子

MIL株式会社 マーケティング

大学卒業後、編集プロダクション等を経て、人材サービス企業のマーケティング職に従事。2021年3月よりMIL株式会社に入社し、現在は自社サイトやMILblogの企画・ディレクション・執筆等を担当している。
Twitter : https://twitter.com/MIL29292841

インタラクティブ動画ならMIL

インタラクティブ動画ならMIL

MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。