EFOとは?入力フォームの離脱を改善しコンバージョン率を上げる6つのポイント

EFOとは

EFOとはEntry Form Optimization(エントリー・フォーム・オプティマイゼイション)の略で、WEBサイトの顧客情報の入力フォームを最適化することで、お客様の離脱を防ぎ、コンバージョン率(成約率)を上げていくための施策です。この記事では、入力フォームを改善する際のポイント6点を分かりやすく解説します。

インタラクティブ動画資料

EFOとは?

EFOとは、Entry Form Optimizationの頭文字をとった言葉で、WEBサイトの顧客情報の入力フォームを最適化し、お客様の離脱を防ぎ、コンバージョン率(成約率)を上げていくための施策です。入力フォームとは、メールマガジンの購読や資料請求、商品・サービスの購入時などに、ユーザーに氏名やメールアドレスを入力してもらうための項目欄全体を指します。

EFOが必要な理由

EFOの目的は、WEBサイトのコンバージョン率(成約率)を上げることです。

株式会社イー・エージェンシーが461サイトを対象に行った調査によると、WEBサイトを訪問し、商品をカートに入れて購入直前まで進んだのに、何らかの理由で購入しなかった人の割合は約70%でした。これはいわゆる「カゴ落ち」と呼ばれる状況で、仮に100人が購入するつもりでカゴに入れたのに、30人だけが買い、70人が買わずに離脱。明らかな機会損失と言えるでしょう。

カゴ落ちには、以下のように複数の理由が存在します。

・送料が高い
・クレジットカードの情報を入力したくない
・会員登録が面倒だった など

しかし、EFOで入力フォームを改善することで、仮に10%程度の改善ができれば
最後の「会員登録が面倒」という理由での機会損失を防ぐことができ、100人のうち30人だった購入者が40人と1.3倍にも増えることになるのです。
EFOが必要な理由

以下では、EFOを実施する際の具体的なポイントを6点ご紹介します。

EFOのポイント1:入力項目を適切に設定する

“入力フォーム”とひと口に言っても、メルマガの購読申込のように簡単な項目のみのものから、購買のようにクレジットカードなど決済情報や住所といった個人情報を多く含むものまで、多岐に渡ります。また、個人向け(BtoC)と法人向け(BtoB)でも、入力項目は異なります。

最初に考えるべきは、ユーザーに入力してもらう項目についてです。
ユーザーがマーケティングの「認知→検討→購買→リピート」のうち、どのフェーズにいるかによって入力フォームが異なるので、まずは必要な入力フォームの種類を特定してから、具体的な項目を検討する流れをおすすめします。

<入力フォームの種類例>

  • メルマガ購読
  • 資料請求
  • 個別相談の予約
  • セミナー申込
  • 決済
  • 会員登録

必要な入力フォームが決まったら、項目を検討します。

例えばメルマガ配信時に、宛名に氏名を入れてパーソナライズ感を演出したいのであれば氏名が必要になりますし、資料請求フォームに入力いただいた後に電話で連絡したいのであれば「ふりがな」の入力欄も設置しておくのが無難です。その他、個人向けビジネス(BtoC)の場合は、商品・サービスの内容に応じて、性別、生年月日、配偶者の有無、子どもの有無、興味関心などを項目として検討しましょう。法人(BtoB) の場合は、企業のURLや、規模を知るための年商や従業員数などを設定します。

<入力項目の例 ※共通>

  • 氏名
  • ふりがな
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号

<入力項目の例 ※BtoC>

  • 性別
  • 生年月日
  • 配偶者の有無
  • 子どもの有無
  • 興味関心

<入力項目の例 ※BtoB>

  • 社名
  • 部署名
  • 役職
  • 企業規模(従業員数・年商など)

またデータ管理の観点からは、使用しているMAツールやCRMツールで管理している項目と合わせて検討するのもオススメです。

ただし、前述の通り、「入力が面倒」という理由で離脱するユーザーもいるので、項目は最低限の数に押さえましょう。ユーザーの負担は少ない方が登録率も高まることも忘れてはいけません。

EFOのポイント2:入力サンプルを提示する

項目が決まったら、次は具体的な入力方法を考えます。いずれの項目も、ユーザーに入力してもらうべき内容のサンプルを提示しておくことで、ユーザーの負担はグッと減り、登録完了率が上がるでしょう。また統一された正しい入力方法でデータが収集できることで、誤入力を防ぐことができ、データベースの質向上にもつながります。

<入力サンプルの提示例>

  • 欄外に入力例を表示する
  • 入力欄にグレーで表示する

EFOのポイント2:入力サンプルを提示する

EFOのポイント3:入力ミスに対してわかりやすい注意喚起を出す

例えば「ふりがな」の項目で、カタカナ入力の指示に対して、ひらがなが入力される、住所の項目で、全角入力の指示に対して、半角数字が使われる、などのミスがあったとしましょう。

その場合に、単に「入力エラー項目があります」と表示したり、入力欄を赤くしたりするだけでは、ユーザーは訂正方法がわかりません。間違えた項目の訂正方法を「半角数字を全角数字にしてください」というように、具体的な注意喚起のメッセージを記載するようにしましょう。
EFOのポイント3:入力ミスに対してわかりやすい注意喚起を出す

関連記事:CVR改善に効くマイクロコピーとは?テクニックと事例を徹底解説

EFOのポイント4:同意のチェックボックス、ボタンを見やすく配置する

個人情報取得などに同意する「チェックボックス」や「登録」「送信」などのボタンは、スムーズにクリックできるように、見やすくレイアウトしましょう。
EFOのポイント4:同意のチェックボックス、ボタンを見やすく配置する

EFOのポイント5:サイト上のユーザーの動きを分析する

自社のWEBサイトのユーザーの動きを見るためには、Googleアナリティクスで数値や導線を見るほか、「ヒートマップ」を使って、ページ上のユーザーのマウスの動きを確認するという方法もあります。複数のアプローチを組み合わせ、入力フォームのコンバージョンを妨げている理由を推測しましょう。

引用:MIERUCA HEATMAP

ヒートマップについて詳しくは、以下記事でご紹介しています。
関連記事:Web分析に使える「ヒートマップ」とは?導入に失敗しないための基礎知識を解説
関連記事:無料から有料まで!目的別・ヒートマップツールおすすめ5選と選ぶポイントを解説

EFOのポイント6:EFOツールを活用する

自社で管理する入力フォームが複数ある場合や、利用するユーザー数が多い場合などは、専用の「EFOツール」を導入するのも良いでしょう。

EFOツールは、入力フォームを簡単に作ったり、誤入力時に注意喚起メッセージを分かりやすく表示したりと、ユーザーの入力負担を低減するための工夫が満載です。例えば「ログ取得機能」の付いているツールであれば、入力項目自体のエラー率や離脱ポイントを正確に測定可能し、データを元に改善を図ることが可能です。また「外部連携機能」を使えば、GoogleやFacebook等に登録済みの情報をそのまま入力フォームに反映させることもできます。

以下の記事でおすすめツール7選をご紹介していますので、合わせてご覧ください。
関連記事:【2022年度版】おすすめEFOツール7選を比較!特徴と選定のポイントを解説

まとめ

いかがでしたか。たかが入力フォームといえども、その効果は侮れません。無料で改善可能な範囲も大きいので、まだEFOをしたことがない方は、ぜひPDCAサイクルを回しながら、コンバージョン率を改善してみてください。

インタラクティブ動画資料

執筆者
桑田 将臣

MIL株式会社 セールスグループ マネージャー

WEB系ベンチャー企業にて新規事業の立ち上げ・セールスなどを経験後、PR会社にてデジタルプロモーションの企画提案を担当。2019年3月よりMIL株式会社に入社し、現在はセールスグループの各部門を統括している。

インタラクティブ動画ならMIL

インタラクティブ動画ならMIL

MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。