YouTubeやSNSには「縦動画」が最適?事例・メリット・編集ソフトを紹介!

スマホ縦向き動画再生

スマホでの動画視聴が一般化する中、YouTubeやSNSでも「縦動画」が増加しています。本記事では、縦動画のメリット、YouTubeやSNSでの縦動画の事例、編集ソフトについて、分かりやすく解説していきます。

スマホ視聴に最適な「縦動画」とは?

7割以上が「スマホ縦向き」のまま動画視聴!

2021年に実施された「若者世代のスマートフォン利用に関するアンケート(TIME&SPACE調べ)」によると、スマートフォン(以下、スマホ)で動画視聴をするユーザーは全体で約8割という結果になりました。

それでは、ユーザーはスマホを用いて「どのように」動画を視聴しているのでしょうか。

スマートフォンでWeb動画を視聴するときの向きについての調査
スマートフォンの動画視聴実態調査(モバーシャル株式会社)

上記の調査結果を見ると、スマホの利用率が高い”20代”は、およそ4割が「縦向きのみ」で動画を視聴していることがわかります。

年齢層が上がるにつれ、「縦向きのみ」で視聴する割合は減るものの、それでも全体で約3割は「縦向きのみ」で視聴しており、「両方」と回答したユーザーと合わせると、縦向きで動画を視聴するユーザーは全体で7割に上ります。

多くの動画は「横向き」で視聴されることを想定して作られていますが、スマホ上では「横向き動画」も実際は「縦向き」で視聴されていることが分かります。スマホユーザーの「縦向き視聴」に最適な形として、スマホの縦スクリーンに合わせた「縦動画」の制作が必要になってきます。

縦動画のメリット

それでは「縦動画」にはどのようなメリットがあるのでしょうか?以下、3点をご紹介します。

1.片手で気軽に視聴できる

「スマホの向きを変える」というアクションをユーザーに取らせることは、映画のような長時間のコンテンツでない限りは難しく、手間だと思われてしまいます。縦動画の動画であれば、ユーザーはスマホの向きを変える必要がなく、片手で気軽に視聴することができます。電車の中など限られたスペースの中で、隙間時間に視聴する際は、片手で持って視聴するのがスムーズです。

2.没入感が高い

縦型動画では、スマホのスクリーンをフルに使用することができるため、横型動画と比較するとスクリーン上の表示面積は約3倍になります。動画をフルスクリーンで表示できるため、横型動画よりも没入感の高い動画を制作することができます。Netflixなど動画配信サービスのユーザーも増え、スマホで映画・ドラマを視聴するケースも増えています。

3.SNS広告との相性が良い

多くのユーザーはスマホを「縦向き」で利用しています。前述した通り、ユーザーに「スマホの向きを変えさせる」ことは難しく、広告動画では更にその難易度は上がるでしょう。そのため、縦向きのままフルスクリーンで動画を再生できる「縦動画」は、SNS広告との相性が良く、SNS上で配信されている広告動画の多くは、「縦向き」もしくは「スクエア」の動画になっています。TikTokやInstagramなどの動画SNSで広告を展開する場合、縦動画が効果的です。

YouTubeでの縦動画の事例

Billie Eilish

引用:Billie Eilish公式チャンネル

デジタルネイティブである「Z世代」のアーティストとして、世界中た絶大な人気を博している「Billie Eilish」は、「縦型のMV」をYouTubeにアップロードしており、この動画は2019年11月現在で1.5億回再生されています。

YouTubeのプレイヤーは、様々な動画サイズに対応

YouTubeアプリのプレイヤーでは、再生時に動画のサイズに合わせて、縦長の比率や正方形の比率に切り替えることが可能です。そのためYouTubeアプリでは、縦動画もフルスクリーンで再生することができます。

また2018年より、「ストーリー機能」が追加され、コンテンツの多くが横動画で占められるYouTube上でも、「縦動画」に接する機会が増えました。

SNSでの縦動画の活用

「縦向き視聴」が主流となった今、「縦動画」が最適であることを裏付けるように、スマホ利用率の高い10代~30代の若年層では、「縦動画」がメインの動画SNSが流行しています。

縦動画コンテンツが多く投稿されている「動画SNS」からは、縦動画制作のヒントが得られるので、制作を検討の際には下記SNSを一度チェックしてみましょう。

TikTok

縦向き視聴に特化した動画SNSの代表例として、10代~20代を中心に、若者の間で大人気の「TikTok」が挙げられます。

横向きの動画も投稿されていますが、多くは縦動画で占められており、「上下」にスワイプすることで別の動画が再生されるなど、縦向きであることを意識したUIになっています。

TikTok上で配信されているインフィード広告の多くも「縦動画」になっており、まさに縦向きに特化した動画SNSとなっています。

Instagram

2016年に開始された「ストーリーズ」機能ですが、今やメイン機能といっても過言ではないほど利用されており、Instagram利用者の約70%が利用、1日700万件がシェアされています。ストーリーズの特徴は、「投稿から一日でコンテンツが消える」、「最大15秒のショート動画」そして、「縦向きフルスクリーン表示」であることです。ストーリーズ上に掲載されてい「広告コンテンツも、TikTokと同様に「縦向きのコンテンツ」が多く見られます。

IGTV

IGTVは、2018年に開始されたサービスであり、ストーリーズ同様I「縦向きフルスクリーン表示」になっていますが、ストーリーズよりも「長い動画コンテンツ」(15秒~10分)を投稿できることが特徴となっています。※一部のユーザーは最長60分

海外では、若者向けのデジタルメディアである「Vice Media」や「NowThis News」、国内では、女性向けの情報を動画で提供する「C Channel」や、ミレニアム世代向けに動画コンテンツを配信している「ONE MEDIA」など、IGTV上においては「若者向けのメディア」による「縦動画コンテンツ」が多く見られます。

縦動画編集ソフトのご紹介

動画の画面

Filmora(有料)

Wondershare社の 「Filmora」 は多種形式の動画・写真の入力・編集に対応している動画編集ソフトで、縦向き動画も簡単に作成することができます。編集したファイルは、パソコンまたはYouTubeへの共有やDVDへの書き込みなどで、保存ができて便利です。

気になる方は、まずは無料のトライアル版をダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか。
Filmora公式サイト

AviUtl(無料)

「AviUtl」は多くの動画形式に対応した、無料の動画編集ソフトです。動画の特定箇所をカットするトリミング機能や、動画同士を結合させたり、回転させたりでき、さらに映像内に多種多様なフィルタをかけることもできます。1080×1920の縦長サイズのまま編集や出力が可能です。編集したファイルを保存する場合、DVDに書き込みができないのが難点です。
AviUtlダウンロードページ

まとめ

5Gも開始し、今後ますますスマホでの動画視聴が増えることが予想されます。ぜひSNSやYouTube施策に最適な「縦動画を」作成し、効果的なマーケティング活動につなげましょう。

関連記事:【動画事例付】SNS広告の基礎知識!費用・メリットまるわかり!
関連記事:【2021年版】YouTubeアナリティクスの見方&5つの注目指標をわかりやすく解説!
関連記事:意外と知らない?YouTubeで作れるインタラクティブ動画

インタラクティブ動画ならMIL

インタラクティブ動画ならMIL

MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。