簡単!パワーポイント(PowerPoint)のスライドショーを使った動画マニュアルの作り方[Windows版]

パワーポイントを使った動画マニュアルの作り方

顧客や社内に向けて説明をしたいとき、自分で簡単に動画マニュアルが作れたら、と思ったことはありませんか?実は、ビジネスソフトとして日常的に使われているパワーポイント(PowerPoint)を使って、簡単に動画マニュアルを作成することが可能です。

色々な作成方法がありますが、この記事では簡単に作成できる方法として、パワーポイントのスライドショーを使って動画マニュアルを作成する方法をご紹介します。ぜひ記事を見ながら、実践してみてください。

パワーポイントのスライドショーを使った「動画マニュアル」の作り方

「スライドショーの記録」という機能を使います。この方法では、資料を使ってプレゼンテーションをする様子を、音声入りの動画として記録することができます。プレゼンテーションには、話し手の顔を入れることも可能です。

顧客向けの動画マニュアルの場合、音声をできるだけクリアに録音するためには、外部入力マイクを用意し、静かな会議室を利用する、誰もいない自宅でのリモートワーク時に録音するなどの工夫が必要です。社内向けであれば、勉強会の様子をそのまま録画して、質疑応答の様子なども含めて配布するのもおすすめです。

<このタイプの動画マニュアルの用途例>
・パワーポイントの説明資料にプロのナレーターに音声を入れて、動画で配信したり、ショールームや展示会で流したりする
・社内向けツール等(勤怠管理や経費精算など)の導入会を、そのまま動画マニュアルにする

STEP1:パワーポイントの資料を準備する

動画マニュアルの元となる、パワーポイントの資料を準備します。アニメーションが正しく動くことが確認できたら、作業用のフォルダに保存しましょう。この作業では、パワーポイントの資料にプレゼンテーションの音声を入れて保存することになるので、元の資料はバックアップをとっておくのがおすすめです。

STEP2:スライドショーの記録

[スライドショー]のタブの中央部にある[録画]をクリックします。

※解説画像はMicrosoft365を使用しています。バージョンにより、表示名などが若干異なりますので、ご了承ください。

下記のように黒い背景に切り替わり、全画面表示で録画スタンバイの状態になります。画面左下にはレーザーポインターや蛍光ペンなどの切り替えボタンがあり、動画内にも表示できます。
パワーポイントの動画マニュアル録画画面

STEP3:プレゼンテーションを行い、録画する

いよいよ動画制作です。といっても、特別なことをする訳ではありません。普段通りにプレゼンテーションをすればいいだけです。画面の左上部にある、「記録」の赤丸ボタンをクリックして、録画を開始しましょう。

クリックをすると、3、2、1とカウントダウンが始まり、録画が開始されます。赤い丸の下に「録画中」と表示され、タイムコードが動き始めます。

録画中は、通常のプレゼンテーションのように、パソコンの▼や▶️ボタンで、資料のページを送っていきます。レーザーポインターによる強調や、一時停止もできます。スライドショーの画面上にプレゼンターの様子を入れて録画したい場合には、画面右下のビデオボタンをONにします。

STEP4:録画停止ボタンを押して止め、ファイルを保存する

プレゼンテーションが終了したら、3秒ほど間をとってから、同じボタンをクリックして録画を停止します。そして、左上の[スライドショーの終了]をクリックして、パワーポイントの編集画面に戻ります。

編集画面左上の[最初から]で、録画した内容を確認し、OKであれば[ファイル]をクリックして[エクスポート]を選択します。

[ビデオの作成]から目的に応じたサイズを選んで、[ビデオの作成]ボタンをクリックします。

指定した保存先に、ビデオファイル形式のファイルができていることを確認できたら、再生して内容を確認し、問題なければ作成完了です。

<参考>
●Ultra HD (4K=解像度3840 x 2160、大型モニター)
●フル HD (1080 p=解像度1920 x 1080、パソコンやテレビの画面)
●HD (720p=解像度1280 x 720、ネット配信やDVD収録)
●標準 (480p=解像度852 x 480、スマホ)

パワーポイントで動画マニュアルを作成する、3つのメリット

最後に、パワーポイントで動画マニュアルを作成する、3つのメリットを解説します。

とにかく早く、簡単に作れる

プレゼンテーション資料をベースに動画を作ることができるので、既存資料に動画を意識したアニメーション等を設定すればOK。スライドショー機能を使って、早く簡単に作ることができます。

専用のソフトが不要で、コストを削減できる

動画編集ソフトには無料のものもありますが、操作を覚えたり、動画を撮影したりといった時間はどうしても必要です。その点、基本的な操作を心得たパワーポイントであれば、時間的にも金銭的にもコストを削減できますね。

画質も選べるから、社外向けにも安心のクオリティ

パワーポイントで作成した動画マニュアルは、画質を選んで保存することが可能です。Ultra HD (4K=解像度3840 x 2160、大型モニター)、フル HD (1080 p=解像度1920 x 1080、パソコンやテレビの画面)、HD (720p=解像度1280 x 720、ネット配信やDVD収録)、標準 (480p=解像度852 x 480、スマホ)の4つから、用途に応じて選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?資料作成ツールとして日常的に使用しているパワーポイントでも、簡単に動画マニュアルを作ることができます。試しに、簡単な動画マニュアルを作ってみたい、対象者が少ない社内向けの業務マニュアルを動画にしたい、そんなときにぜひ活用してみてくださいね。

より専門的でリッチな動画マニュアルを検討しているなら、ぜひ以下の記事をご覧ください。

【関連記事】今注目の動画マニュアルとは?メリット、作り方、事例、ツール3選をまとめてご紹介!
【関連記事】動画マニュアル作成ソフト7選&ソフト選びのポイントを動画マーケのプロが解説!

sato

執筆者
佐藤 駿輔

MIL株式会社 インサイドセールス

大学卒業後、大手外食チェーンへ入社し、新店舗の立ち上げや店長経験等を経て、2020年1月よりMIL株式会社に入社。現在はインサイドセールスとしてSDRを担当するとともに、MA運用も行っている。

インタラクティブ動画ならMIL

インタラクティブ動画ならMIL

MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。