長野県立大学様 | ブランディング動画事例

今回は長野県立大学様のブランディング動画の制作に、MILを導入していただきました。

長野県立大学

理念

長野県立大学は、長野県の知の礎となり、未来を切り拓くリーダーを輩出し、世界の持続的発展を可能にする研究成果を発信することで、人類のより良い未来を創造し、発展させる大学をめざします。

引用:長野県立大学公式サイト

概要

長野県立大学は、2018年4月に開学しました。

リーダー輩出、地域イノベーション、グローバル発信を軸に、主体的に行動し世界で活躍できる人材の育成を目的としています。

動画紹介

MILの利用目的

イノベーションを起こしていく"攻める人材を育てる大学"としてのイメージを伝えるためのブランディング動画になっています。

今回制作されたインタラクティブ動画は、公式サイトへの動画埋め込みに加え、オープンキャンパス等で配布されるパンフレットに動画へのQRコード記載をすることで活用されています。

動画のクリエイティブについて

メッセージを強調する


長野県立大学様は2018年に新設された大学であるため、大学に対するイメージがまだ学生に浸透していません。

今回の動画では、失敗やリスクを恐れずに"攻める"という大学のメッセージを、1分強の動画内に複数回表示することによって、学生に対して大学のイメージを印象づけています。

5人のインタビュー


大学の理事長、学長に加え、全三学科それぞれの在学生によるインタビューを、MIL動画上から視聴することができるようになっています。

在学生インタビューでは、「今あなたが攻めていることは?」という質問を基に、学生自身の活動や大学の特長について語っています。

理事長・学長インタビューでは、「長野県立大学が攻めていることは?」、「学生へのメッセージ」という二つの題材を基に、長野県立大学の"攻めている制度"や、在学生の特長について触れながら、大学の魅力を訴求しています。

インタラクティブ化のポイント

アテンションを挿入


タップ可能なポイントの直前に、「マークをクリックまたはタップするとインタビューがはじまります」というアテンションを強調して入れることで、視聴者に"動画に触れる"ということを事前に伝えています。

インタラクティブ動画は、学生のような若い世代にもまだ馴染みのあるものではないため、"触れる"というアテンションを挿入することで、タップ率の上昇が期待できると同時に、動画に対する興味を引く事ができます。

YouTube動画の埋め込み


※上記は画像です

今回の動画は、動画に触ることで視聴者が"ニーズに合わせて動画コンテンツを選択できる"というインタラクティブ動画の特長を、ストーリー分岐を用いるのではなく、ポップアップにYouTube動画を埋め込むことで表現しています。

ポップアップにYouTube動画を埋め込むと、MIL動画上でYouTubeのプレーヤーが開き、YouTube動画をMIL動画上で視聴する事ができます。

また、活用したい動画が複数ある場合、MILを活用し一本のインタラクティブ動画にすることで、HP上に設置する動画や、パンフレットに載せるQRコードを一つにまとめることもできます。

オリジナルのタグデザイン

MILではデフォルトのタグデザインだけでなく、オリジナルの画像(jpg,png)や、アニメーション画像(gif,apng)をタグデザインに設定することもできます。

今回は、"攻める"という言葉がテーマとなった動画であるため、タグデザインには"攻"という文字のapng(アニメーションpng)画像を設定しています。

動画に適したタグデザインを設定する事で、動画の世界観を壊さずに"触れる箇所"を知らせることができます。

まとめ

大学のように視聴者によってニーズ(学部、学科)が異なる場合、一本の動画だけで全てのニーズに対応することは極めて困難でした。

しかしインタラクティブ動画を活用すると、動画内で視聴者が情報をニーズに合わせて選び取ることが可能になるため、動画一本でも複数のニーズに対応する事ができます。

また、YouTubeやVimeoなどの動画プラットフォームに投稿している既存の動画を活用することで、簡単にインタラクティブ動画を制作することも可能ですので、動画施策をご検討の際には、MILの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

インタラクティブ動画MILに関する資料を無料で配布します!

「新しい視聴体験を創造する」をミッションとして掲げているMIL株式会社には、インタラクティブ動画に関する様々なデータが日々蓄積されています。お問い合わせ頂いた方には、当ブログでは公開していない資料を無料配布させていただきますので、ぜひ以下よりお気軽にお問合せください。