漫画×動画×インタラクティブによるリクルート動画活用事例

エムフロ採用動画

エムフロ様に就活生向けのインタラクティブ動画2本目をご導入頂きました。

株式会社エムフロ

「innovation × smile」の精神で、情熱をもって改革に挑戦し“世界中”に笑顔を広げます。

引用:株式会社エムフロ公式サイト

動画紹介

MILの利用目的

就活生向け会社説明会などのリアルイベントにおいて、会社説明資料にQRコードを掲載し、説明会前や後において視聴してもらい、会社への親近感や理解を深めてもらうために制作しました。

動画のクリエイティブについて

動画自体は、代表取締役の北脇社長がなぜ会社を創業したのか?という創業ストーリーからはじまり、最終的には就活生のエントリーを促す動画になります。就活生にとって触れやすくわかりやすくするために、漫画という切り口で表現し、且つモーションで動きを付ける動画とすることでより読みやすくしました。

動画が触れることを示す

動画再生直後に、エムフロのブランドロゴをタッチするとアクションが起きる事を伝えています。

就活生に親しんでもらう

動画の流れは以下5章で構成されています。

  1. 北脇社長創業ストーリー
  2. 企業文化の紹介
  3. 事業内容の紹介
  4. 会社の成長
  5. 北脇社長の想い

これらを「漫画×動画」とすることで、通常の静的コンテンツよりも、企業や社長理解を就活生に対し促進することが出来ます。

インタラクティブ化のポイント

各章によるインタラクティブ化のポイントを紹介させて頂きます。

北脇社長創業ストーリー

先ず、漫画なのでイラストで内容は進んでいくのですが、漫画開始8秒のポイントをタッチすると、北脇社長の写真とプロフィールが表示されます。通常、イラストベースのクリエイティブに写真を合わせるというのはトンマナ的に難しいのですが、インタラクティブ化によりタッチすることで初めて表示されるため、漫画の世界感を崩すことはありません。

企業文化の紹介

エムフロ社では「ひらめきプロジェクト」という、働きやすい環境を社員自らが作る制度があります。その制度を使って実際にサービス化した例を漫画にしていますが、ポイントをタッチすると、ひらめきプロジェクトを説明するポップアップが表示され、詳しくはこちらで詳細が記載されているページに遷移するようにしています。

事業内容の紹介

メイン事業5つの紹介を漫画内でしていますが、ここではポイントをタッチすると、オフィシャルサイトの各事業詳細ページを動画上に表示させています。ブラウザの別タブを余計に立ち上げなくても、動画上に表示させれた「×」を押せばそのまま漫画の視聴が開始される仕組みになっているので、視聴体験を損なうことはありません。

###会社の成長
社員旅行や恵比寿ガーデンプレイスに移転したくだりを漫画内で紹介していますが、それぞれポイントをタッチすることで、社員旅行でハワイに行った写真や、社内風景、社内から見れる夜景の画像が表示されます。

北脇社長の想い

最期に、エムフロの企業ミッションや求める人材を北脇社長が説明しているのですが、ポイントをタッチすることで北脇社長のインタビュー動画(YOUTUBE)が表示されます。「×」を押して動画を最後まで視聴頂くと、そのままエントリーページへの誘導が行われます。

インタラクティブ動画編集ツール

インタラクティブ動画編集ツールである「MIL」を活用してインタラクティブ化したものです。

実際の効果

データ

  • ページ平均閲覧時間:132秒
  • インタラクション率:135.07%
  • 視聴完了率    :15.67%

まとめ

就活生向けリクルート動画として、世界でも初の試み「漫画×動画×インタラクティブ」という事例でした。今回はリクルート動画として紹介させていただきましたが、漫画が広くWebで使われている特長として、わかりづらい事業やサービスで使われていることがあげられます。そのため、業種業界としては「不動産・保険・金融」など、少しユーザーからするととっつきづらい業種業界と相性が良いと思います。

更に、漫画のストーリーを詰めていく上で、

  • 漫画だけでは伝えきれない
  • 漫画の世界観を壊してしまう

などの可能性があるなら、漫画×動画をインタラクティブ化することで、全てが完結されることもありますので、是非一度ご利用頂ければと思います。

インタラクティブ動画MILに関する資料を無料で配布します!

「動画の視聴体験最大化」を目指すMIL株式会社には、インタラクティブ動画に関する様々なデータが日々蓄積されています。お問い合わせ頂いた方には、当ブログでは公開していない資料を無料配布させていただきますので、ぜひ以下よりお気軽にお問合せください。