売れるLP(ランディングページ)の作り方!構成・動画など7つのテクニックをまとめて解説!

売れるLP

「新しくLP(ランディングページ)を作るけれど、成果を出すにはどうしたらいいのか知りたい」
「LPを作ってみたけれど、コンバージョンにつながらない…」

こんな風にお悩みの方はいませんか?

売れるLP(ランディングページ)とは、閲覧した結果、数多くのユーザーが行動を起こし、コンバージョンにつながるページです。当記事では、売れるLPの作り方を詳しく解説します。ターゲットの心に響く内容や構成、注意点などのテクニックをつかんで、ページ作りに活かしましょう。

インタラクティブ動画資料

売れるLP(ランディングページ)とは?

売れるLP(ランディングページ)とはどのようなものでしょうか?

まず、LP(ランディングページ)とは、広義では、検索すると着地(ランディング)するページのことです。狭義では、商品やサービスの内容を紹介し、購入などのアクションにつなげるWebページのことを指します。

ホームページは、企業など組織についてのさまざまな情報(会社概要や商品、連絡先など)をまとめたものですが、LPは一つの商品やサービスについて詳しく説明し、購入や資料請求といったユーザーの具体的な行動を促すものです。ユーザーは、バナー広告や検索結果などからLPにアクセスし、LPで詳しい商品内容を知り、問合せや購入などの行動を起こす、という流れになります。

つまり、売れるLPとは、LPを閲覧した結果、数多くのユーザーが行動を起こすページです。

このような行動を「コンバージョン」といい、ページへの訪問数に対するコンバージョン数の比率を、コンバージョン率(Conversion Rate=CVR)といいます。コンバージョン率が高いということは、そのページを読んだだけで買いたくなる、ユーザーの心を強く動かすページだといえるでしょう。

関連記事:ランディングページ(LP)とは?メリット、目的、作り方など基本をわかりやすく解説!

売れるLPを作る!7つのテクニック

次に、売れるLPを作るための、7つのテクニックをご紹介します。

対面のセールスと同じように、LPにも押さえるべき基本事項があります。基本事項とより魅力的なLPにするテクニックを併せて解説しますので、LPを作り始める前に、ぜひご参照ください。

1:顧客の心理とセールストークの流れを意識して「構成」を作る!

1つ目のテクニックは、構成です。顧客の心理とセールストークの流れを意識して構成を作りましょう。

顧客の心理とは、LPのこの部分を読んだらこう思うだろうな、ということです。
例えば、「40代になると肌のゆらぎが出てきます」という問題提起があれば、「ゆらぎって何のことだろう」「最近肌の調子が悪いのはゆらぎの状態なのかも?」とLPを読むユーザーは考え始めます。そうすると、「ゆらぎとは何か」「なぜ40代以降なのか」といった説明が近くにあると、ユーザーはLPの問題提起に納得感を持ちます。

セールストークの流れとは、「問題提起→解決しないことのデメリットや解決したときのメリット・理想の姿→解決策」といった、商談で行うセールストークでの展開のことです。LPは、いわばWeb上で展開するセールスですから、商談でのセールストークの流れに沿ってLPを作ると自然な流れとなり、ユーザーがメッセージを受け取りやすくなります。

2:ファーストビューでターゲットの心をつかむ!

2つ目のテクニックは、ファーストビューでターゲットの心をつかむことです。

ファーストビューとは、LPの始めの部分であり、画面スクロールをせずにユーザーの目に入る部分を指します。ブログのヘッダーやタイトルのように、画像やイラスト、キャッチコピーをまとめたものです。

LPを見るユーザーは、必ずしも商品を買う気満々でLPを見ているわけではありません。ファーストビューが心をつかまなければ、1秒~3秒で離脱します。逆に、ファーストビューが心をつかむと、ついついLPを読み進めてしまいます。

商品のターゲットの心をつかみ、LPを読み進めてもらうために、次のような工夫をしてみましょう。

・スマホやパソコンなど、閲覧する媒体が違っても魅力的になるよう、文字の量を調整する
・問題や悩みを具体的に表示し、自分ごと化させる
・商品が解決できるいろいろな悩みに対応した、複数のファーストビューを用意する

3:本サイトや他ページに誘導しない!

3つ目のテクニックは、本サイトや他ページに誘導しないことです。

本サイトとは、企業のホームページのことです。ホームページや他の関連する商品のページのリンク先URLを、LP内に掲載したくなりませんか?

しかし、これをしてしまうと、ユーザーはLPから離脱し、他のページを読んでしまい、LPに戻らない可能性が出てきます。LPを最後まで読んでもらえず、商品購入や資料請求などのアクションにつながらない結果になるのです。

ファーストビューで心をつかみ、せっかく読み進めてくれているユーザーをLPから離脱させないよう、ホームページであっても別のページを掲載しないことを心がけましょう。

4:「お客様の声」にUGCを活用する!

4つ目のテクニックは、「お客様の声」にUGCを活用することです。

UGCとは「User Generated Contents」の略で、一般ユーザーが作成したコンテンツ指します。InstagramやFacebook、Twitterに投稿した写真やメッセージなどをがこれにあたります。

LPには、ユーザーからの信頼を得るために「お客様の声」を掲載することが一般的ですが、UGCをお客様の声として取り入れると、「実在する人が本当に商品を使い、客観的な立場からその感想を述べている」という信頼感を得ることができます。

「お客様の声」は、アンケートやヒアリングから集めることが一般的ですが、匿名希望の場合は、回答内容によっては信頼感が薄まることもあります。もしかすると会社関係者なのではないか、本心からの感想ではないのでは、などと思ってしまうユーザーもいます。

UGCの声は、きわめて自然に、客観的に商品の感想を伝えてくれます。

5:CTAを最適化する!

5つ目のテクニックは、CTAを最適化することです。

CTAとは「Call To Action」の略で、ユーザーにアクションさせる仕掛けや、仕掛けまで誘導する内容のことを指します。例えば、「購入する」のボタンが仕掛けであり、そこまで誘導する画像やイラスト、デザインバナー、文字などが誘導内容になります。

対面でのセールスにおいて、クロージングトークがあるように、CTAはユーザーの背中を押す重要な役割を持っています。どのようなCTAがターゲットにささりやすいかは、試してみないと分かりません。ターゲットに当てはまる関係者がいればヒアリングしたり、A/Bテスト(A案とB案を用意する)や多変量テスト(複数の案を組み合わせる)をLP上で行ったりして分析し、最適化していきましょう。

6:フォームを最適化する!

6つ目のテクニックは、フォームを最適化することです。

ここでいうフォームとは、購入や申し込みのために、ユーザーが名前などの情報を入力するためのフォームのことです。例えば、名前やよみがな、住所、電話番号、メールアドレス、配達時間帯の希望などがあります。

入力してもらう項目を取捨選択したり、入力時間を短縮するために入力補助機能をつけたりして、フォーム入力の手間を楽にする工夫が「フォームの最適化」です。

フォームの入力に手間取ると、ユーザーは面倒になってフォーム入力から離脱したり、「やっぱり今はまだいいかな」と気が変わったりするおそれがあります。

具体的には、次のような工夫をするとよいでしょう。

入力項目、入力必須項目を最低限にする
・郵便番号を入力したら住所が表示されるなどの、入力補助機能をつける
・入力ミスを、最後まで入力したら注意喚起するのではなく、リアルタイムで喚起する
項目の並べ方に留意し、わかりやすい並び方で、縦に長くなりすぎないようにする
・どの画面まで行ったら申し込み確定になるのか、はっきり表示する

7:動画を活用する!

7つ目のテクニックは、動画を活用することです。

静止している文字や画像よりも、動く動画はやはりキャッチ―で、見る人の目をくぎ付けにする効果があります。また、視聴覚情報を通じて、複雑で伝えにくいメッセージを短時間で伝えることができます。

動画を活用する場合、次のようなポイントを工夫しましょう。

動画の設置場所:ファーストビュー、文字に飽きてきた中間、CTAの近くなど
動画の長さ:全体的に短くする、長くするなら続きが気になるコンテンツにする、など
動画の内容:ユーザーの閲覧環境を配慮し、字幕つきの無音にする、最初の5秒はつかみとして刺激的な内容にする、など

売れるLPのトレンドは「インタラクティブ動画(触れる動画)」

動画の中でも、トレンドは「インタラクティブ動画」です。
「インタラクティブ」とは英語で「双方向」の意味で、「インタラクティブ動画」とはタップ・クリックできる、触れる動画のことです。例えば、動画内に選択肢が表示され、視聴者自身がコンテンツを選んで見ることができたり、詳しく知りたい項目にタップ・クリックすると解説が表示されたりと、Webサイトのような感覚で動画を触ることができます。

インタラクティブ動画と通常の動画の違い

動画の視聴者にとっては、決められた長さでずっと視聴するよりも、自分が知りたい情報だけを視聴できる自由度があるので、視聴する確率が高まります。また、タップというアクションを自ら起こすことで能動的な気持ちになることと、視聴時間が長くなることから、より購入や申し込みしやすい心理状況になる効果が期待できます。インタラクティブ動画では、動画内のフォームで申込なども完結できるため、離脱防止にもつながります。

また、「視聴者がタップした箇所」などのデータが蓄積していくので、視聴者が興味を持つポイントがどこなのかがわかり、ページ全体の改善に活かすこともできるので、インタラクティブ動画とLPの相性は非常に良いと言えます。

関連記事:動画付きランディングページ(LP)の効果を高める5つのポイント!CV120%上昇事例もご紹介
関連記事:アンケートLPの作り方・設問ポイント&2021最新トレンドを解説!

まとめ

今回は、売れるLPとは何か、売れるLPを作るテクニックは何かを解説しました。

売れるLPとは、購入などの行動をユーザーが起こす確率が高い、つまりコンバージョン率が高いLPのことです。
そのようなLPを作るための7つのテクニックと、近年注目を集めているインタラクティブ動画についてご紹介しました。これらを参考に、ユーザーの心を動かし、行動してもらえる「売れるLP」を作ってくださいね。

インタラクティブ動画資料

執筆者
桑田 将臣

MIL株式会社 セールスグループ マネージャー

WEB系ベンチャー企業にて新規事業の立ち上げ・セールスなどを経験後、PR会社にてデジタルプロモーションの企画提案を担当。2019年3月よりMIL株式会社に入社し、現在はセールスグループの各部門を統括している。

インタラクティブ動画ならMIL

インタラクティブ動画ならMIL

MILであれば、インタラクティブ動画を素早く編集でき、動画配信後の測定結果はレポート画面より確認できます。インタラクティブ動画の制作から運用まですべての機能をプラットフォーム化し、動画PDCAを回します。