Videopathの使い方 |海外インタラクティブ動画編集ツール

海外のインタラクティブ動画編集ツールである「Videopath」について紹介させて頂きます。Videopathの特長は、動画内の対象物にタグ付けをするのではなく、タイムラインに対して見出しのようなタグ付けを行うということです。無料プランもありますので、気軽にお試し頂けます。

主な特徴

タイムラインにタグ付けを行う

他の編集ツールは動画下部にあることがほとんどですが、Videopathは左側に「縦」にタイムラインが設置されています。また、対象物に対してタグ付けをすることが一般的ですが、タイムラインに見出しのようなタグを設置することになります。詳しくは以下画像をご覧ください。

ポップアップ内容の編集

タグ付けしたものに対して表示させることができるポップアップ内容としては以下を表示させることが可能です。

  • テキスト
  • 画像
  • 動画(YouTube、Vimeo)・音楽(SoundCloud)
  • ボタン
  • Webサイト(インラインで表示)
  • Facebook、Twitter、Pinterest
  • メールフォーム(有料プラン)

使い勝手

他の編集ツールと違い、対象物へのタグ付けではないため、非常にシンプルな構造でUIもわかり易く編集がしやすい設計になっています。

想定できる活用方法

例えば、リクルート動画など、「会社概要・サービス説明・代表挨拶・スタッフ紹介・社内イベント紹介」の内容含んだ動画を1本作成したとして、各始まりのセクションでタイムラインにタグ付けをし、より動画だけでは説明できない内容をポップアップに盛り込んでユーザーに詳細を伝える、という活用方法用はVideopathと相性が良いと思います。

体系料金

videopath料金
FREEとProfessionalとEnterpriseの3つのプランがあります。デモ動画のように、Videopathのブランド色が強くても気にならないのであればFREEで問題ありませんが、実際に商用として企業が活用するならProfessionalを活用しないと難しいかもしれません。

サービス事例

フィットネス

アンチエイジングスキンケア

使い方の説明

ログイン後

%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e9%9d%a2
アップしている動画一覧が表示されます。

動画のアップロード

YouTube動画アップロード
「CREATE NEW PROJECT」をクリック後にYouTube動画のURLを入れて動画を取り込みます。FREE版はYouTubeのみサポートされているようです。

タイムラインへのタグ付け

編集画面
編集画面の一番左上にあるオレンジの「Drag maker to the timeline」をドラッグして、タグ付けを行いたいタイムラインにドロップします。

インタラクティブ設定

videopath movie
タグ付けしたタイムラインに何を表示させるかをここで選びます。

テンプレート編集

videopath movie
右端にあるアイコンを選択し、中央の部分にドラッグ&ドロップして内容を入れていきます。

プレビュー表示

videopath movie
保存したのち、実際にどう動くかを管理画面内にあるプレビューで表示・確認ができます。

プレビュー確認

videopath movie
左のタイムラインに表示されている「テストテスト」をクリックすると、編集した内容がポップアップで表示されます。

デモ動画

まとめ

Videopathは、動画内のどこで何を伝えているかを、タグ付けという見出しでユーザーに素早く認識させ、且つ詳細な情報が記載されたポップアップをインタラクティブ化により表示させることで、動画だけでは伝えきれない情報を補うことができる編集ツールです。

ツールとしてはわかり易く簡単に編集ができるので、インタラクティブ動画の入り口としては企業担当者様におすすめできます。是非一度お試しください。

インタラクティブ動画MILに関する資料を無料で配布します!

「動画の視聴体験最大化」を目指すMIL株式会社には、インタラクティブ動画に関する様々なデータが日々蓄積されています。お問い合わせ頂いた方には、当ブログでは公開していない資料を無料配布させていただきますので、ぜひ以下よりお気軽にお問合せください。