Spotfulの使い方|海外インタラクティブ動画編集ツール

YouTubeのアノテーション機能を使うより、もう少しリッチなインタラクティブ動画を作りたい方に向いているかもしれません。

主な特徴

動画のアップロード

FREEだと、YouTube,VIMEOなどにアプロードされている動画を活用することになります。Chargesして有料版にすれば直接アップロードを行うことができます。

動画内に様々な機能を追加

動画の様々なポイントで、最大25か所まで以下のようなインタラクティブを持たせることが可能です。

  • イーコマース
  • 地図
  • 画像
  • リンク
  • テキスト
  • Facebookのいいね!
  • Twitterフォロー
  • 自社サイト表示

ポップアップ内容の編集

タグ付けをした物体に対して、ユーザーがタップした際に表示させる内容を簡単に編集することができます。

タグデザインの選定

無料では以下4つの中からタグデザインを選ぶことが可能できます。

  • インビジブル(タグが表示されない)
  • プラスマーク(タグ付けした物体の上に+マークが表示される)
  • 四角マーク(タグ付けした物体の外側に枠が表示される)
  • 点滅マーク(タグ付けした物体の上に◎の点滅マークが表示される)

体系料金

「Spotful Personal=FREE」と「Spotful for Business=Charges」の2つあります。月の視聴可能数などの記載がないので、詳細は英語で質問するしかありません。課金する場合、クレジットなどの仕組みは用意されていないため、これも英語で申し込みを行う必要があります。
Spotfulの料金体系

サービス事例

使い方の説明

ログイン後

spotfulの使い方
アップしている動画一覧が表示されます。

動画のアップロード

spotfulの使い方
他社の動画プレイヤー(YouTube、VIMEO・・・)に上がっているURLを直接打ち込みアップロードを行います。

対象物へのタグ付け

spotfulの使い方
静的タグのみタグ付けすることができます。

インタラクティブ設定

spotfulの使い方
タグ付けした対象物に対して、どういうインタラクティブを持たせるかを設定することができます。今回はタップするとポップアップが表示されるテンプレートを選びました。

テンプレート編集

spotfulの使い方
「画像」「テキスト」「タグの大きさ」など調整することができます。

プレビュー表示・確認

spotfulの使い方
保存したのち、実際にどう動くかを管理画面内にあるプレビューで表示・確認ができ、動画内に表示される○をクリックすると「インタラクティブ設定」で編集した内容が表示されます。

デモ動画

FREEプランだと動画の埋め込みが出来ないので割愛させて頂きます。

まとめ

比較的簡単に編集ができるツールではありますが、細かい設定は行えません。(例:開始時間と終了時間のコンマ調整など。)個人的には、冒頭記載した通り、YouTubeアノテーションプランの延長線上のサービス感が強いので、「YouTubeより少しリッチなインタラクティブ動画を作りたい」という方は、一度お試しください。

インタラクティブ動画MILに関する資料を無料で配布します!

「動画の視聴体験最大化」を目指すMIL株式会社には、インタラクティブ動画に関する様々なデータが日々蓄積されています。お問い合わせ頂いた方には、当ブログでは公開していない資料を無料配布させていただきますので、ぜひ以下よりお気軽にお問合せください。